タイムカードを使った勤怠管理

会社における社員の勤怠管理には従来、紙のタイムカードを機械に入れて打刻するといものが主流でした。

現在でもその仕組みを採用している会社は依然としてありますが、時代とともにテクノロジーが進み、紙ではなくICカード式のタイムカードを導入している会社もあります。


紙式の場合、打刻データが機械自体に蓄積され、月の締め日にメモリを機械から取り出してパソコン等でデータを読み込むというアナログ的な作業をする必要がありました。



しかし、ICカード式の場合、データはサーバーやパソコンに保存可能になるのでほぼ人手を介することがなくなります。

タイムカードの勤怠管理技術のご紹介です。

ICカード式のタイムカードを導入する場合、それを読み込むためのリーダーの導入も必要で、リーダーも複数箇所に設置するのが一般的です。


そのため、導入コストは若干増加してしまいますが、ランニングコストや勤怠管理の効率を考えるとメリットが多いと言えます。
勤怠管理は毎月発生するある種ルーティン業務となるため、効率的な運用を行うことができるICカード式のタイムカードは魅力的です。

また、オフィスの出入り口のドアをこのカードで開閉できるようなシステムも存在します。

あなたのご要望に応えるGirls Channel情報を調べるならこのサイトです。

つまり、勤怠管理と普段のオフィスのドアのオートオープンとクローズとを1枚のカードで可能にする仕組みです。
これにより、オフィス内にはカードの保有者以外は入室できないため、オフィスのセキュリティを高く保つことができるようになります。